英会話や英語学習に有益な情報を掲載していくブログです。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英単語の記憶
実際に英語学習を始めると、覚えたはずの英単語を忘れてしまったことに失望してしまうことがあります。
しかし、忘れたと思っていても、実は密かに成長している点もあるのです。
意味が分からない英語でも「みたことだけはある英単語」意味を教えてもらうと「あー、そうだった」と思い出せる英語や英会話フレーズがあります。
成長という過程で見れば大きな違いがあります。それなのに「覚えていない」とあきらめて投げ捨てるのは勿体ないことです。
英語を学習するときは「まったく記憶にない英単語」から、必ずしも一気に覚えた単語にレベルアップする必要なありません。
多くの人は英会話を「覚えている」「覚えていない」の2つに区別していしまいます。
上記で触れたように、脳は何回も触れているものに対しては「何回も出てくるのだから重要なんだな」という判断を下し、英語を覚えてくれます。
このように、戦力にはなっていなくても、実際は英語力アップの土台になっていることがあるのです。
 
スポンサーサイト

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。