英会話や英語学習に有益な情報を掲載していくブログです。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英語学習の登竜門
初級者は標準的な英語教材で耳を鍛えよう!いきなり理屈っぽい話題をはじめますが、実用的かつ具体的な英会話レッスンについて考えましょう。日本には様々なリスニング用の英語教材がありますが、初級者にはいわゆる標準的な英語学習教材が適していると思います。日本で作られている英会話教材のCDは、標準的な北米英語で、ナレーションのうまい人が綺麗な英語発音で読んでいきます。そういった初心者向けの英語教材で耳を鍛えていくのが第一段階。最初の1、2ヶ月はそういう英会話教材で勉強するのが良いでしょう。実際、TOEICテストのスコアも600点くらいまでは、その種の英語教材で伸びていくものです。次はネイティブスピーカーがしゃべる英語を聞き取る段階です。この段階になるとキチンと整えられた英語教材の英会話音声では通用しなくなります。標準的な英語教材比較のサイトを参考にして、自分自身にとって役立つ英語学習をしましょう。他にも実際の英会話スクール体験者がレビューを書いているサイトが、こちらの英会話スクール研究所です。この英語学習サイトも非常に役立ちますね。
 
スポンサーサイト

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


英単語の記憶
実際に英語学習を始めると、覚えたはずの英単語を忘れてしまったことに失望してしまうことがあります。
しかし、忘れたと思っていても、実は密かに成長している点もあるのです。
意味が分からない英語でも「みたことだけはある英単語」意味を教えてもらうと「あー、そうだった」と思い出せる英語や英会話フレーズがあります。
成長という過程で見れば大きな違いがあります。それなのに「覚えていない」とあきらめて投げ捨てるのは勿体ないことです。
英語を学習するときは「まったく記憶にない英単語」から、必ずしも一気に覚えた単語にレベルアップする必要なありません。
多くの人は英会話を「覚えている」「覚えていない」の2つに区別していしまいます。
上記で触れたように、脳は何回も触れているものに対しては「何回も出てくるのだから重要なんだな」という判断を下し、英語を覚えてくれます。
このように、戦力にはなっていなくても、実際は英語力アップの土台になっていることがあるのです。
 

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育


英語学習のジャンル
英語学習のジャンルは様々なものがあります。
語彙、リスニング、英文法、スピーキング、リーディング、ライティング。しかし、英語の基礎は意外にもこのなかの「語彙・リスニング・英文法」であり、その他のスキルはそれら組み合わせと応用なのです。まず、リーディングは語彙と英文法の応用です。1つ1つの語彙、英単語や文法が理解できないと、リーディングなど出来るはずがありません。

幼児の英語教育
英語教育の重要性が叫ばれる中、出来るだけ幼少時から英語を教えたほうが良いと考える人が増えてきています。
大切なのは「知識としては身につかなく」ても、英語は楽しいもの。というイメージを子供が持つことが出来れば、子供に英会話を教える意味は大きいでしょう。
もちろん、知識として身につけばなおさら素晴らしいことです。
幼少時は「言語習得」を最も負担なくできる「唯一の時期」ともされています。
私達、親も一度そのことを深く考えてみるのも良いのではないでしょうか。

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育


英語学習の準備
初級者は標準的な英語教材で耳を鍛えよう!いきなり理屈っぽい話題をはじめますが、実用的かつ具体的な英会話レッスンについて考えましょう。日本には様々なリスニング用の英語教材がありますが、初級者にはいわゆる標準的な英語学習教材が適していると思います。日本で作られている英会話教材のCDは、標準的な北米英語で、ナレーションのうまい人が綺麗な英語発音で読んでいきます。そういった初心者向けの英語教材で耳を鍛えていくのが第一段階。最初の1、2ヶ月はそういう英会話教材で勉強するのが良いでしょう。実際、TOEICテストのスコアも600点くらいまでは、その種の英語教材で伸びていくものです。次はネイティブスピーカーがしゃべる英語を聞き取る段階です。この段階になるとキチンと整えられた英語教材の英会話音声では通用しなくなります。標準的な英語教材比較のサイトを参考にして、自分自身にとって役立つ英語学習をしましょう。他にも実際の英会話スクール体験者がレビューを書いているサイトが、こちらの英会話スクール研究所です。この英語学習サイトも非常に役立ちますね。
 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


英語の脳みそ
英語を使えるということは、頭の中でまず日本語でこれから言いたい文を作り、文法の規則にのっとってそれを1つずつ英単語に変換していく…などとやっている「英語が出来る人」はいないでしょう。
 
英語を使えるということは、何か考えが浮かんだら、それに見合う文章を自分の頭の中に保管している膨大な量の英語の中から「一瞬」で口に出して読み上げていくということになります。
 
ようは、私たちが日本語でしていることを、そのまま英語ですればいいだけの話ですね。ともかく、英語を使えるようになるには「頭の中がパンクしそうなくらい」英語を頭に溜め込むことです。
 

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。