FC2ブログ
英会話や英語学習に有益な情報を掲載していくブログです。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英語学習の登竜門
初級者は標準的な英語教材で耳を鍛えよう!いきなり理屈っぽい話題をはじめますが、実用的かつ具体的な英会話レッスンについて考えましょう。日本には様々なリスニング用の英語教材がありますが、初級者にはいわゆる標準的な英語学習教材が適していると思います。日本で作られている英会話教材のCDは、標準的な北米英語で、ナレーションのうまい人が綺麗な英語発音で読んでいきます。そういった初心者向けの英語教材で耳を鍛えていくのが第一段階。最初の1、2ヶ月はそういう英会話教材で勉強するのが良いでしょう。実際、TOEICテストのスコアも600点くらいまでは、その種の英語教材で伸びていくものです。次はネイティブスピーカーがしゃべる英語を聞き取る段階です。この段階になるとキチンと整えられた英語教材の英会話音声では通用しなくなります。標準的な英語教材比較のサイトを参考にして、自分自身にとって役立つ英語学習をしましょう。他にも実際の英会話スクール体験者がレビューを書いているサイトが、こちらの英会話スクール研究所です。この英語学習サイトも非常に役立ちますね。
 
スポンサーサイト

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


英語学習のジャンル
英語学習のジャンルは様々なものがあります。
語彙、リスニング、英文法、スピーキング、リーディング、ライティング。しかし、英語の基礎は意外にもこのなかの「語彙・リスニング・英文法」であり、その他のスキルはそれら組み合わせと応用なのです。まず、リーディングは語彙と英文法の応用です。1つ1つの語彙、英単語や文法が理解できないと、リーディングなど出来るはずがありません。

幼児の英語教育
英語教育の重要性が叫ばれる中、出来るだけ幼少時から英語を教えたほうが良いと考える人が増えてきています。
大切なのは「知識としては身につかなく」ても、英語は楽しいもの。というイメージを子供が持つことが出来れば、子供に英会話を教える意味は大きいでしょう。
もちろん、知識として身につけばなおさら素晴らしいことです。
幼少時は「言語習得」を最も負担なくできる「唯一の時期」ともされています。
私達、親も一度そのことを深く考えてみるのも良いのではないでしょうか。

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育


英語学習の準備
初級者は標準的な英語教材で耳を鍛えよう!いきなり理屈っぽい話題をはじめますが、実用的かつ具体的な英会話レッスンについて考えましょう。日本には様々なリスニング用の英語教材がありますが、初級者にはいわゆる標準的な英語学習教材が適していると思います。日本で作られている英会話教材のCDは、標準的な北米英語で、ナレーションのうまい人が綺麗な英語発音で読んでいきます。そういった初心者向けの英語教材で耳を鍛えていくのが第一段階。最初の1、2ヶ月はそういう英会話教材で勉強するのが良いでしょう。実際、TOEICテストのスコアも600点くらいまでは、その種の英語教材で伸びていくものです。次はネイティブスピーカーがしゃべる英語を聞き取る段階です。この段階になるとキチンと整えられた英語教材の英会話音声では通用しなくなります。標準的な英語教材比較のサイトを参考にして、自分自身にとって役立つ英語学習をしましょう。他にも実際の英会話スクール体験者がレビューを書いているサイトが、こちらの英会話スクール研究所です。この英語学習サイトも非常に役立ちますね。
 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


ヒアリングマラソン
 
1000時間ヒアリングマラソン
 
  http://shop.alc.co.jp/course/h4/
 
英語上級者向けの教材として有名な「1000時間」ですが、ヒアリングマラソンでなくたって「毎日やるんだ!」くらいの気持ちでなければ、英語はマスターできないでしょう。
1000時間を達成するには1日3時間を見積もっても1年間かかります。
 
ともかくハードな、文字通りの「英語のシャワー」ですが、効果は絶大であるともっぱらの評判。「とにかく英会話をたくさん聞いて、英語に慣れる」というスタンスの教材なので、やる気がない人には向いていません。ですが、逆に本気の人には、ちゃんとした成果を与えてくれる優れものです。
 
 

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


英語の脳みそ
英語を使えるということは、頭の中でまず日本語でこれから言いたい文を作り、文法の規則にのっとってそれを1つずつ英単語に変換していく…などとやっている「英語が出来る人」はいないでしょう。
 
英語を使えるということは、何か考えが浮かんだら、それに見合う文章を自分の頭の中に保管している膨大な量の英語の中から「一瞬」で口に出して読み上げていくということになります。
 
ようは、私たちが日本語でしていることを、そのまま英語ですればいいだけの話ですね。ともかく、英語を使えるようになるには「頭の中がパンクしそうなくらい」英語を頭に溜め込むことです。
 

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育


気持ちの英会話
■本当にありがとうございます。
□Much appreciated.
 
■恩に着ます。
□I owe you one.
 
■ご親切にどうもありがとう。
□It's very kind of you.
 
■どういたしまして。
□Not at all.
 
■申し訳ありませんでした。
□I beg your pardon.
 
■なるほど。(相槌)
□I see.
 
■まさか!
□You don't say so!
 
■あなたの意見に賛成です。
□I agree with you.
 
■異議あり!
□objection!
 
■お安いごようです。
□Sure thing. 
 

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育


英語脳育成プログラム
 
30日間英語脳育成プログラム
 
  http://www.iq-strategy.com/contents/trial/index.htm
 
まずは↑の「試聴ページ」へいって、この教材のネイティブ英会話に触れてみてください。この教材は素人好みのする英会話教材などではなく、本物に選ばれる…いわばブランド「格調」高い商品です。しかも、価格はその他の教材に比べて圧倒的に安い「2万円程度」からの購入が可能!

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育


英語教材の活用法
英会話上達や英語学習には、書店に売っている英会話教材やインターネット通販で購入できる英語教材を利用するのがお勧めです。ただし、英語教材を購入してそれで満足してはいけません。よく英会話スクールに通学して、それだけで英会話が習得できるようになるという錯覚がありますが、英会話スクールに通えば英会話が出来るわけではありません。英会話スクールはただ単に英語学習の場を提供しているだけです。英語教材も同様です。どんな素晴らしい通信講座を受講しても、それらを活用しなければいつまでたっても英語をマスターすることは出来ません。まず自分が英語学習をするうえで、どういった能力を身につけたいのかをハッキリ確認します。リスニングスキルか、英語でしゃべるスピーキングか、英単語の暗記や語彙力をつけたいのか。英語には様々な分野があります(といっても、こんな分野別に考えているのは日本だけのような気がしますが)。
自分が鍛えたい英語学習の分野をハッキリとさせたら、それに対応した英会話教材なりをインターネットで購入します。書店でも良いのですが、インターネット通販のほうが、良質な英語教材が揃っている現実は否めません。こちらの英語教材ガイドを参考にしてみてください。ところで、教材選びにはもう一つポイントがあります。それは自分のライフスタイルに組み込めるかどうか。毎日忙しいビジネスマンなら1日数分間聞き流す程度のスピードラーニングなどがお勧めだし、2時間以上勉強する余裕があるならヒアリングマラソンも良いでしょう。自分の勉強できる時間と英語教材が要求する1日の学習時間を考慮して、購入しましょう。
 

テーマ:日常英会話 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。